100MEIZAN

【百名山制覇】#7 常念岳(蝶ヶ岳)@長野

百名山制覇を目指して20188月に向かったのが <蝶ヶ岳~常念岳の縦走コース>

結末からいうと久しぶりに本気でシンドイ登山になったのですが、その一部始終を皆さんに共有しつつ、今後登られる方の参考にして頂ければと思います。

『楽しい登山』をテーマに百名山を制覇しようと思っているので、まずは今回の登山の様子をまとめた動画を見て頂ければ幸いです。

三股登山口から始まる縦走コース

色々検討した結果、クルマで乗り入れることを考えて「三股登山口」から入って蝶ヶ岳~常念岳と入るコースが良いのではないかという結論に至りました。

ということで東京を朝4時に出発し、三股登山口の駐車場を目指します。三股登山口駐車場ですが、最も近い駐車場は途中の道の崖崩れの影響で使用することができず、そこから800m下った臨時駐車場を使用しなければなりません。この道路は復旧工事の関係で、最も近い駐車場は2018年度一杯使用できないようです。(※最新情報は地元タクシー会社のWEBサイトから確認できます

朝8時に駐車場に到着。思ったよりも混んでおらず問題なくクルマを止めることができました。ここから800m上がったところに本来の駐車場があります。

この日は天気予報は晴れていたものの、あいにくの雨

8時に着いたものの雨宿りをして晴れになるのを待ちましたが、結局晴れずに9時半から三股登山口から登山開始!

完全に今後が思いやられます!笑

コジラの木は三股~蝶ヶ岳コースの序盤にある

蝶ヶ岳で1番有名であろう「ゴジラの木」

この木がどの辺にあるのだろうと思っていると結構序盤に出現しました!

確かにゴジラみたいだ(てゆうか、口の部分に石を入れた人、エライな)

このゴジラの木で撮影会をやりたかったのですが、ドシャ降りでそんな気分にもなれずサクッと撮影して終了。

全体的に三股~蝶ヶ岳のコースは面白くない

天候に恵まれなかったというのも1つの要因ではあるのですが、三股~蝶ヶ岳のコースは基本的には面白くない。というのも基本的には樹林帯の中を歩いているだけで、尾根道もなければ稜線を歩くこともない。見晴らしが良い場所もほとんどないのが、三股~蝶ヶ岳のコース。

強い雨に打たれながら、文句を言いながら、最後の力を振り絞って蝶ヶ岳ヒュッテに到着したのが14時。

ということで9時30分に出発して、14時到着ということで4時間30分ほどで到着することができました。

稜線上でのテント場は風との戦い

蝶ヶ岳ヒュッテについてテント宿泊の受付を行います。1人1,000円の金額を支払い、領収書を受け取りテント場に向かうのですが、この日の天候は雨。しかも風が物凄く強い

登山初心者に近いMEEJOHNからすると、風に煽られて、その場に立っているだけでもツライ環境下の中でテント泊というのは心配しかない1時間ぐらい様子を見て、テント泊はツライという判断をして結局、山小屋泊に変更しました。笑

山小屋泊は素泊まりで6,500円。大体1人1畳ぐらいのスペースと布団等が分け与えられ皆んなで雑魚寝の形式です。

蝶ヶ岳ヒュッテには炊事場と言われる小屋内でガスバーナー等を使用して良い場所があるので、ここで本来テント場で食べる予定だったものを食べます!

今回の食事は PATAGONIA PROVISIONS パタゴニア プロビジョンズ RED BEAN CHILI

Amazonで購入 Rakutenで購入

これに ”アマノフーズ 畑のカレー” を入れてカレーを作る。

Amazonで購入 Rakutenで購入

さらに無印良品の”フライパンでつくる ナン 200gを作ってカレーにつけて食べる

Amazonで購入 Rakutenで購入

というふうに料理に手をかけて、ヒュッテの料理に負けないように頑張ります。

蝶ヶ岳ヒュッテには乾燥室のようなものがあって、雨に濡れた自分の荷物や洋服を乾かせたり、宿泊者以外にも生ビールが飲めたり、ココアが飲めたりとある程度の設備は整っています!また水も1リットル200円で販売されているため、三俣~蝶ヶ岳間に必要な最低限の水を持つようにしてできるだけ荷物を軽くすることをオススメします!

唯一文句があるとすれば「トイレが臭いこと」

バイオマス処理されているトイレとのことなのですが、このトイレが非常に臭くて、この臭いに耐えれないと後々キツイでしょう。。。

また天気が良ければ夜中に起きて星空を撮りたかったのですが、この日は雲が出ており星空が見えずまた雑魚寝の部屋も2階であったため、夜中にハシゴを使って静かに降りるのも限界があるため、事前に1階にしてもらえるようにヒュッテのスタッフに話をしておく必要性を感じました!

蝶ヶ岳ヒュッテから見える朝日は本当に絶景

21時に消灯して朝の4時30分に起床。515分の日の出に合わせて、蝶ヶ岳ヒュッテの外に出ます。

やはり山頂から見る朝日は最高で、山小屋に泊まる理由はここにある!というふうに改めて思いました!

こうして強烈な雨と風から始まった1日目から絶景の朝日で迎えた2日目の朝までは終了!

雷鳥が見れたが、完全に足が死んだ蝶ヶ岳~常念岳~三股の道のりは次回紹介します!

関連記事

  1. 【百名山制覇】#7-2 常念岳(蝶ヶ岳)@長野
  2. 【百名山制覇】#6 木曽駒ケ岳篇(中央アルプス)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP